号外 伊勢雅臣『この国の希望のかたち』を読み解く(国際インテリジェンス機密ファイル)


(副題:新日本文明の可能性。日本復活へのグランドデザイン)

■転送歓迎■R03.05.05■40,147Copies■7,427,314Views■
無料購読申込・取消:http://blog.jog-net.jp/


(伊勢雅臣: メルマガ「国際インテリジェンス機密ファイル」で、拙著を取り上げていただきました。私が訴えたかったことを簡潔明快にまとめられ、「この国が再び蘇ると確信した」と結論されています。著者のご了解をえて、転載させていただきます)

__________
伊勢雅臣著『この国の希望のかたち新日本文明の可能性』、増刷決定
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4907461283/japanontheg01-22/

■Amazonのカスタマーレビューから(全13件、評価平均星5つ中4.3)

・「この方向で進めば、日本は人間らしく輝かしい未来を築くことができるのではないかと、希望を抱かせる良書である」(カメさん)
・「為政者に寄りかからなくても我々が川を上り、海を渡り、坂の上の雲を見るという常識的な見方をすれば希望はそこにある、ということが具体的なデータと共に示されていて嬉しい」(韓国の龍さん)
・「持続可能な社会を築く力は世界の中で縄文時代の精神と文化を
引き継ぐ日本人こそが一番持っていると思います。世界に、その精神と文化と技術を広げる責務が有るのではないでしょうか」(山本勇さん)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この国の希望のかたち 新日本文明の可能性 - 伊勢 雅臣
この国の希望のかたち 新日本文明の可能性 - 伊勢 雅臣

★要旨


・日本は再び立ち上がれる。


・共同体や自然との和を回復するという課題に関しては、
我が国は欧米諸国よりも有利な条件に恵まれている。


・第一に、
有史以来、共同体や自然との和を貴ぶ日本文明を続けてきたことで、
その和の遺伝子は今も我々の精神の基底に埋め込まれている。


・第二の有利な条件は、
豊かな海や山、温暖な気候に恵まれた日本の国土だ。


・地域共同体には、
幕末以前の日本文明に見られたように、
人間と自然との親密な和の関係がなければならない。


・人間が自然の中に生かされるのは、
農林水産業を通じてだ。


・農林水産業を通じて
自然からいただいた農産物、水産物、木材が人間を生かし、
また農林水産業の営みが
田畑、山林、海洋を豊かに保つ。


・健全な漁村は、海浜の植樹や清掃など、
環境保全にも欠かせない。
離島に漁民が住むことは、
領土領海防衛上にも不可欠だ。


・森林業の復活でコンクリートと鉄の建築からの脱却を。


・各地の神社に杉のご神木が祀られている。
杉の学名は「クリプトメリア・ジャポニカ」、
「隠された日本の財産」という意味だ。


・ご先祖様たちが大切にしてきた宝物を、
我々は山に置き忘れていた。
その宝を今こそ活用しなければならない。


・「一隅を照らす。これ即ち国宝なり」


・我々が小さな灯火として周囲の一隅を照らす。
その灯火がたくさん集まって、
国家全体を明るく照らし、青年たちも
将来への希望の灯りを点すことができるようになる。


★コメント
今一度、日本の素晴らしさ、可能性を実感した。
まだまだ我々にはやれることがある。
小さいけれど、少しずつの行動が、
大きなうねりとなり、この国が再び蘇ると確信した。


★伊勢雅臣
『この国の希望のかたち』
の詳細、amazon購入はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4907461283/ref=cm_sw_r_li_awdb_imm_T94VKRRF385MX07EV4A7


◆伊勢雅臣『この国の希望のかたち』を読み解く
ブログ記事。

https://ameblo.jp/jyoho2040/entry-12670893570.html


◆復活Webセミナー。渋沢栄一と大和魂の経済力。古代から続く日本の精神力と底力。


https://icckame.com/lp/35524/949152/


◆PDF小冊子『インテリジェンス国家論』のご案内。



※お申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/dist/S94614229/



★金額
5,000円(PDF版のみ)



※ページ数
A4サイズ・290ページ




★小冊子『インテリジェンス国家論』目次と内容★


◆斎藤充功『日本のスパイ王:秋草俊』
◆河東哲夫『ワルの外交。日本人が知らない外交の常識』
◆山本武利『陸軍中野学校「秘密工作員」養成機関の実像』
◆広瀬隆『アメリカの保守本流』
◆斎藤充功『証言、陸軍中野学校、卒業生たちの追想』
◆広瀬隆『アメリカの経済支配者たち』

◆コウ・ヨンチョル『金正恩が脱北する日』
◆斎藤充功『陸軍中野学校極秘計画』
◆鈴木敏夫『関東軍特殊部隊、闇に屠られた対ソ精鋭部隊』
◆高橋五郎『天皇の財宝』
◆木村正人『サイバー戦・最新報告、見えない世界戦争』
◆高橋五郎『天皇の金塊』
◆斎藤充功『陸軍中野学校、防諜機関「ヤマ」の系譜』 
◆山本武利『日本のインテリジェンス工作、陸軍中野学校、小野寺信』





◆譚路美「北朝鮮レアメタル利権」
◆菅沼光弘『北朝鮮発、世界核戦争の危機』
◆牧野愛博『金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日』を読む
◆長谷川慶太郎『朝鮮崩壊:米中のシナリオと日本』
◆五味洋治『女が動かす北朝鮮』を読む
◆『北朝鮮vsアメリカ』を分析
◆山口真典『北朝鮮経済のカラクリ』
◆辺真一『金正恩の北朝鮮と日本、北を取り込むという発想』
◆五味洋治『金正男・独占告白』
◆黄文雄『朝鮮総督府の隠された真実』
◆康熙奉『古代韓国の歴史と英雄』
◆五味洋治『オトす力。金正男の心を開かせた新聞記者の知的仕事術』
◆チャック・ダウンズ『北朝鮮の交渉戦略』
◆外交官から見た北朝鮮情勢
◆藤本健二『北の後継者キム・ジョンウン』
◆北朝鮮に対抗するための情報戦略
◆礒崎敦仁『北朝鮮入門・LIVE講義』




◆有本香『中華思想の正体と日本の覚悟』
◆有本香『不動産国家・中国の行方』
◆峯村健司『13億分の一の男・習近平:人類最大の権力闘争』を読む
◆富坂聰『中国の地下経済』を読む
◆小林史憲『テレビに映る中国の97%は嘘である』を読む
◆中国の戦略について
◆逆転思考:激動の中国、ぼくは駆け抜けた
◆太田尚樹『日本人と中国人はなぜ水と油なのか』
◆フアン・カルデナル『進撃の華人:中国「静かな世界侵略」の脅威』
◆地方から読み解く中国と習近平体制
◆新たなる日中戦争。中国に対抗する30の戦略
◆中国の情報機関:世界を席巻する特務工作
◆なぜ中国人とドイツ人は馬が合うのか?



◆武田善憲『ロシアの論理:復活した大国は何を目指すのか』
◆ロシアの原子力情勢について
◆世界を動かすロシア人脈
◆モスクワ情報活動マニュアル「モスクワの法則」
◆ロシアと外交力について。
◆ロシアと帝国主義戦略
◆ロシアと地政学の関係
◆対ロシアの防諜戦に関する歴史
◆スパイ・ゾルゲからロシアを読み解く
◆ロシアと国際情勢の不思議な関係
◆塩原俊彦『ネオKGB帝国:ロシアに迫る』


◆小林英夫『宮崎正義の生涯:「日本株式会社」を創った男』
◆山中貞則と豪快伝説
◆山岡淳一郎『後藤新平:日本の羅針盤となった男』
◆小林英夫『関東軍とは何だったのか:満州支配の実像』
◆小林英夫『自民党と満州国』
◆童門冬二『岩倉具視:幕末維新・陰の参謀』
◆福冨健一『重光葵:連合軍に最も恐れられた男』
◆牧野愛博『KCIA秘録』
◆林譲治『太平洋戦争のロジスティクス』


◆佐野眞一『阿片王、里見甫:満州の夜と霧』
◆北康利『レジェンド・伝説の男、白洲次郎』
◆佐野眞一『甘粕正彦、乱心の曠野』
◆太田尚樹『満州裏史:甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』
◆春田真『黒子の流儀:DeNA不格好経営の舞台裏』
◆大下英治『梟商、政商:小佐野賢治伝
◆福冨健一『東條英機・天皇を守り通した男』
◆武藤富男『私と満州国』
◆有馬哲夫『児玉誉士夫、巨魁の昭和史』
◆関浩三『日本軍の金塊。馬賊王・小日向白朗の戦後秘録』
◆安藤俊裕『保利茂、いぶし銀の調整役:政客列伝』



◆門田隆将『この命、義に捧ぐ:台湾を救った陸軍中将・根本博の奇跡』
◆小室直樹『硫黄島・栗林忠道大将の教訓』
◆NHK取材班『日本海軍400時間の証言:軍令部・参謀たちが語った敗戦』
◆小松茂朗『戦略将軍・根本博』
◆戸部良一『失敗の本質、日本軍の組織論的研究』
◆半藤一利『聖断:昭和天皇と鈴木貫太郎』

◆斉藤健『転落の歴史に何を見るか』
◆猪瀬直樹『空気と戦争』
◆『昭和16年、夏の敗戦』
◆阿羅健一『秘録・日本国防軍クーデター計画』
◆徳本栄一郎『1945日本占領:フリーメイスン機密文書が明かす対日戦略』
◆『英国機密ファイルの昭和天皇』
◆有馬哲夫『1949年の大東亜共栄圏:自主防衛への終わらざる戦い』
◆岡部伸『「諜報の神様」と呼ばれた男、小野寺信の流儀』
◆『消えたヤルタ密約緊急電、情報士官・小野寺信の孤独な戦い』
◆伊藤正徳『連合艦隊の最後』
◆渡辺望『蒋介石の密使、辻政信』
◆湯浅博『辰巳栄一:吉田茂の軍事顧問、歴史に消えた参謀』
◆関浩三『日本軍の金塊。馬賊王・小日向白朗の戦後秘録』
◆人間提督・山本五十六
◆山本五十六と山口多聞、名将の生き方・戦い方
◆名言録『男の修行』と山本五十六
◆山本五十六、人材育成の格言
◆海軍伝統の問いかけ『五省』
◆海上自衛隊に受け継がれている海軍精神
◆海軍的思考法に学ぶ
◆『海軍次室士官心得』を読み解く
◆生出寿『山本五十六』を読む




以上。



※ページ数
A4サイズ・290ページ


★申し込みはこちらです↓


https://ws.formzu.net/dist/S94614229/





____________________________________
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

公式ブログ『国際インテリジェンス機密ファイル』

http://ameblo.jp/jyoho2040/



【発行】国際インテリジェンス研究所

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎国際インテリジェンス機密ファイル
の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/0000258752.html?l=dwk0ce3306

この記事へのコメント

  • 国民洗脳から目を覚ませ!

    国民電波洗脳による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、嘘八百の洗脳情報と、嘘と騙しの仕掛けと、策略に満ち溢れた世の中で、思考停止状態にある日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 騙しと、策略の煽動に乗せられるな! 我々はハッ、と気付いて、いや、待てよ! と立ち止まり、徹底的に、常に注意深く、用心深く、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 全ての常識や事柄を疑うべきだ! 洗脳からの覚醒には 『 フルフォード氏の著書 』 を読め!

    https://benjaminfulford.net/

    https://tocana.jp/2021/09/post_220547_entry.html
    2021年09月14日 09:22

この記事へのトラックバック