No.1287「明日を担う若者たち」と「戦後にしがみつく左翼老人たち」~ 安倍元総理国葬儀に思う


 安倍元総理の「自由で開かれたインド太平洋」で、インドもアメリカも行くべき道を見いだした。でも、国内は、、、

■転送歓迎■ R04.10.02 ■ 70,816 Copies ■ 8,027,254Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
■著書『先生、日本ってすごいね』『感動の日本史』の
 服部剛氏の10回連続講演会。
・参加費 無料
・横浜駅西口徒歩2分 かながわ県民センター
・第1回 11月23日(水)14:00~16:00 以降、ほぼ毎月開催
・テーマ 「樋口季一郞中将の物語(1)「ユダヤ人を救え」~道徳 差別偏見の克復」
・申込み 横浜教職員連盟 yokokyorenjimukyoku@yahoo.co.jp
・事前のお申し込みなしでの参加も歓迎ですが、満席の場合はお断りすることがあります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■1.「明日を担う若者たちが大勢、あなたを慕い、あなたを見送りに来ています」

 安倍元総理の国葬儀が無事に終わりました。218の国や地域、国際機関の代表者が約700人も参列し、また一般献花にも2万6千人近くの人々が長い列を作って、今更ながら、安倍元総理の逝去を悼む人々の多さに驚かされました。これだけの規模の葬儀を短期間のうちに準備され、整然と遂行された関係者の皆様のご努力には頭が下がります。

 式典では菅前総理の朴訥とした追悼の言葉には胸をうたれました。

__________
天はなぜ、よりにもよってこのような悲劇を現実にし、生命(いのち)を失ってはならない人から生命を召し上げてしまったのか。

口惜しくてなりません。悲しみと怒りを交互に感じながら、今日のこの日を迎えました。

しかし、安倍総理、とお呼びしますが、ご覧になれますか。ここ武道館の周りには花をささげよう、国葬儀に立ちあおうと、たくさんの人が集まってくれています。

20代、30代の人たちが少なくないようです。明日を担う若者たちが大勢、あなたを慕い、あなたを見送りに来ています。

総理、あなたは今日よりも明日の方がよくなる日本を創りたい。若い人たちに希望を持たせたいという強い信念を持ち、毎日、毎日、国民に語りかけておられた。そして、日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲き誇れ。これがあなたの口癖でした。

次の時代を担う人々が未来を明るく思い描いて初めて経済も成長するのだと。いま、あなたを惜しむ若い人たちが、こんなにもたくさんいるということは、歩みをともにした者として、これ以上にうれしいことはありません。報われた思いであります。[産経R040927a]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6a463_1231_a6a2ba6f_c17a15b1.jpg
https://news.livedoor.com/article/detail/22923512/


■2.「明日を担う若者たち」と「戦後にしがみつく左翼老人たち」

 一方、国葬儀に反対する人々のデモや集会もテレビで報道されました。国会前デモの参加者は主催者発表では1万5千人ということでしたが、警察発表では500人との事です。

 事前の反対集会の様子が新聞に報道されていましたが、評論家の佐高信氏(77歳)が「国葬は民主主義の破壊だ」、作家の落合恵子氏(77歳)が「森友・加計学園、桜を見る会などの疑惑を解明しないまま国葬するわけにいかない」などと訴えたそうです。年齢から見ると、これらの人々は「戦後にしがみつく左翼老人たち」と言えそうです。

 佐高氏の「国葬は民主主義の破壊だ」という非論理的な言説にはあきれました。女王の国葬で英国の民主主義が破壊されたのでしょうか?

 また「モリ・カケ・サクラ」で1日1億5千円かかる国会を何百日も空転させても何も出てこなかったのに、今だに「疑惑を解明しないまま」と白髪を振り乱して叫ぶ落合氏にも驚かされました。「疑惑」を叫ぶなら、その立証責任は訴える方にある、という法律常識もご存じないのでしょうか。

 こうした「戦後にしがみつく左翼老人」たちがこれほど安倍元総理を目の敵にするのも、考えてみれば当然なのです。なにしろ安倍氏の「戦後レジームからの脱却」は彼らのしがみついている過去を失わせてしまうからです。それは同時に「明日を担う若者たち」に希望を与えるものでした。

「戦後にしがみつく左翼老人」ののたうち回る様と「明日を担う若者たち」の希望を、安倍氏の国葬儀は明らかにしました。


■3.朝日新聞「安倍晋三元首相の国葬、G7首脳の参加はゼロ 弔問外交は不発?」

 左翼老人たちの拡声器とも言うべき朝日新聞の「安倍晋三元首相の国葬、G7首脳の参加はゼロ 弔問外交は不発?日本の「落日」ぶり露呈」という記事には、さすが「左翼老人メディア」の老練の思想誘導記事と感服しました。

「G7首脳の参加ゼロ」という言い分は、アメリカの副大統領を「首脳」からはずし、カナダのトルドー首相が国内のハリケーンの災害対応のために出席を中止したことで成り立っています。「よくもまあ、ここまで思いつくものだ」との学校秀才ぶりです。

 さらに、ここから「日本の『落日』ぶり露呈」と飛躍した落ちに持って行くのですから、近隣諸国に与する人間がほくそ笑んで書いているような光景を想像してしまいます。

 アメリカのタイム誌が、安倍氏の写真を表紙に飾り、「世界における日本の地位を塗り替えた」と評したのに比べれば、「『落日』ぶりを露呈した」のは、国際常識とはかけ離れた「左翼老人メディア」の方ではないかと思えてきます。常識あるメディアなら、なぜ218もの国、地域、国際機関から約700人も参列してくれたのか、そちらの方を考えるべきです。


■4.「官房長官時代から構想してきたクアッド」

 この点を、もう少し深く考察しているのが、産経新聞の次の記事でした。

__________
 安倍氏の国葬をめぐっては、カナダのトルドー首相が災害対応で欠席したため、先進7カ国(G7)首脳の参列がないことを強調し、揶揄(やゆ)した報道もある。だが、安倍氏が注力したインド太平洋地域から多くの首脳や政権幹部が集まり、弔意を示したことにまず着目すべきだ。

 象徴的なのはオーストラリアとインドといえるだろう。豪州からはアルバニージー首相と元首相3人が来日した。アルバニージー氏は「私と3人がそろって日本に行くことは(安倍氏への)尊敬の念を表すものだ」と26日のインタビューで強調している。

 インドのモディ首相の来日は滞在24時間以下(印メディア)という強行日程だが、同国外務省は「日印関係強化の偉大な推進者である安倍氏」を悼むためだと指摘した。アルバニージー、モディ両氏はともに5月にクアッド首脳会合で日本を訪れているが、それでも出席を選択した。

 中国が覇権主義的な行動を繰り返す中、豪印は安倍氏の「自由で開かれたインド太平洋」構想やクアッドを対外戦略の中心的位置に据えている。「民主主義国家は将来にわたり、拡大する中国を意識せざるを得ない。安倍氏の遺産は民主主義の価値を重んじる国が協調する土台を作ったことだ」とは、産経新聞の取材に応じたインド外務省関係者の談だ。[産経R040927b]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 5月にクアッドの首脳会合が東京で開かれた際には、安倍氏がツイッターで、「官房長官時代から構想してきたクアッドが、とうとう東京で開催され感無量[西村、p226]」と洩らしたそうです。

 安倍氏が官房長官になったのは、小泉内閣で平成17(2005)年のことですから、もう17年も前のことです。「自由で開かれたインド太平洋」と、それを実現する日米豪印による「クアッド」の構想は、こんなにも長い間、暖められてきたのです。


■5.インドの立場を国際的リーダーに押し上げた安倍氏

 インドは第二次大戦後の米ソ対立のもとで、非同盟路線を歩んできました。自由民主主義を採用し、共産主義陣営には与しませんでしたが、英国の植民地として苦しんできた経験から欧米諸国への警戒も忘れず、両陣営の狭間でアジア・アフリカ諸国のリーダー役を果たしてきました。

 しかし、近年は中国が覇権主義国として台頭し、インドに対しても国境紛争をたびたび引き起こして、国際政治における同国の立場は微妙になってきていました。ここで安倍氏が「世界最大の民主主義国」インドを、中国包囲網の一環に取り込む戦略で迫ったのです。

 安倍氏は平成18(2006)年に第一次内閣をスタートさせると、翌年にはインド国会で「二つの海の交わり」と題した演説をしています。

__________
 太平洋とインド洋は、今や自由の海、繁栄の海として一つのダイナミックな結合をもたらしています。従来の地理的境界を突き破る「拡大アジア」が明瞭な形を現しつつあります。これを広々と開き、どこまでも透明な海として豊かに育てていく力と、そして責任が私たち両国にはあるのです。・・・

 このパートナーシップは、自由と民主主義、基本的人権の尊重といった基本的価値と戦略的利益と共有する結合です。

 日本外交は今、ユーラシア大陸の外延に沿って「自由と繁栄の弧」と呼べる一円ができるよう、随所でいろいろな構想を進めています。日本とインドの戦略的グローバル・パートナーシップとは、まさしくそのような営みにおいて要(かなめ)をなすものです。

 日本とインドが結びつくことによって、「拡大アジア」は米国や豪州を巻き込み、太平洋全域にまで及ぶ広大なネットワークへと成長するでしょう。開かれて透明な人とモノ、資本と知恵が自在に行きするネットワークです。

 ここに自由を、繁栄を追い求めていくことこそは、我々両民主主義国家が担うべき大切な役割だとはいえないでしょうか。[西村、p106]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「自由で開かれたインド太平洋」というビジョンをインドに説いた演説でしたが、このビジョンは今まで曖昧な立場にいたインドを、一気に国際政治の主役に押し上げるものでした。それもアメリカや欧州諸国も含めた自由民主主義国の連帯の中で、です。

 インドのモディ首相が「最も親しい友人の一人である安倍晋三氏の悲劇的な死に言葉にできないほどの衝撃と悲しみを受けている」と悲痛なメッセージを出し、インド全土で喪に服し、今回の国葬儀にも滞在24時間以下という強行日程にもかかわらず駆けつけたのは、安倍氏のビジョンへの深い感謝があったからです。


■6.アメリカも国際政治で目指すべき道を見つけた

 アメリカの国際政治における立位置も「自由で開かれたインド太平洋」というビジョンで、大きく変わりました。そのインパクトの大きさは、今回のアメリカの反応に現れています。

 7月8日、安倍氏暗殺の情報が伝わるや、アメリカ全土の公共の建物で3日間の半旗掲揚が指示されました。政府の建物だけでなく、警察署、郵便局、図書館、高校に到るまで、すべてで半旗掲揚となったのです。日本政府が半旗としたのは、11日からの2日間、それも政府省庁のみですから、アメリカの素早さと徹底ぶりには驚かされました。

 アメリカで外国要人の逝去に半旗とするのは、今まで4、5人あっただけと言いますし、また共和党と民主党で意見が割れたりすることがありますが、今回は超党派で喪に服す声明が出されました。また上院では安倍氏の功績をたたえる決議を全会一致で決議しています。我が国で今回の国葬儀を国会に諮ったとしたら、全会一致などはあり得なかったでしょう。

 なぜ、アメリカがこれほど安倍氏の功績を評価するのでしょうか? 西村幸祐氏は最新著『日本人だけが知らなかった「安倍晋三」の真実』の中で、「安倍氏がアメリカを動かし、日本の国益に沿うように領導した」から、と述べています。

 それを明瞭に示しているのが、トランプ政権時の2018年、ホワイトハウスがまとめたインド太平洋に関する初の戦略文書「インド太平洋における戦略的枠組みに関する覚書」です。この文書はバイデン政権になってから公開され、民主党もこの覚書に沿った外交方針を採っていることが窺われます。

 そこではアメリカの卓越した国際的優越性を維持するには、同盟国友好国との協力が鍵であり、特に日本やオーストラリア、インドとの連携、これらの国々の能力強化、より大きな責任分担の必要性を強調しています。特にインドの役割の拡大を図ることを重点目標として掲げている点など、安倍氏のクアッドの構想そのものです。

 さらに、今まで「米国太平洋軍」と名乗っていた米国最大の軍隊の名称を「米国インド太平洋軍」と変更までしています。

 内政においては、難民や人工妊娠中絶を巡ってほとんど国家分裂状態にあるアメリカですが、「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンにおいては、超党派で一致しています。アメリカの国際政治における立場は「世界の警察官」となったり、孤立主義をとったりと、ふらついていましたが、安倍氏のビジョンによって、アメリカは自分たちの目指すべき道を見定めたのです。


■7.「日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲き誇れ」

 こうして安倍氏のビジョンは、インド、アメリカ、さらにはオーストラリアや東南アジア諸国も含めて、自由民主主義の価値観での連帯を着々と築きました。中国から見れば、気がついたら、周囲はすべて中国の覇権主義に異を唱える国々に包囲されていたわけです。

 その包囲網の中心にいるのが我が国です。第一次安倍政権では、安倍氏は「戦後レジームからの脱却」というスローガンを掲げて、アメリカからも危険なナショナリストと見なされていました。それが現時点で見ると、今や日本は「自由で開かれたインド太平洋」のリーダー国の一つになっています。

 すなわち、安倍氏はより高次のビジョンを示すことで、国際社会における「戦後レジームからの脱却」を達成したのです。しかし、今回の国葬儀でも見られたように、国内の「戦後にしがみつく左翼老人」たちが、「戦後レジームからの脱却」を妨害しています。

 我が国が真に「自由で開かれたインド太平洋」のリーダー国になるには、安倍内閣で進めた集団的自衛権、機密情報管理などをさらに仕上げる必要があります。それを知っているからこそ、「戦後を引きずる左翼老人」たちが最後の抵抗をしているのでしょう。

「次の時代を担う人々が未来を明るく思い描いて初めて経済も成長する」、そういう未来をもたらすには、中国の覇権主義から世界の自由民主主義を守り、「自由で開かれたインド太平洋」を実現する必要があります。そして、そのためにこそリーダー国として「日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲き誇れ」という安倍氏の祈りを現実化することが、我々の責務なのです。
(文責 伊勢雅臣)

■おたより


■彼らが標榜していたはずの「科学的」から、自らが最も外れてしまっていることすらも気づかない人たち(文則さん)

 左翼の無様ぶりには呆れておりましたが、今回のこの国葬でもひどいものでした。小生の家にもお年寄りが「国葬反対の著名をお願いします」と来て、なぜここまで反対したがるのだろう、と不思議に思っていました。

 要は、「左翼老人」ということだったのですね。

 哀れです。日本全体の行く末を考えることもせず、自らの団体の見方からしか世の中を見れなくなった人たち(*)。

(*) 鳥海 不二夫, 東京大学大学院工学系研究科教授, なぜリベラル派はカフェでラテを飲むのか…いつの間にか情報が偏ってしまう「社会的分断」の怖さ, https://president.jp/articles/-/61897

 彼らが標榜していたはずの「科学的」から、自らが最も外れてしまっていることすらも気づかない人たち。「科学」とは何かすらも自省できなくなった人たち。

「科学的」であるなら、安倍元総理のプラス面と合わせて冷静に評価すべきですが、そういうことすらしなくなった人たち。彼ら発言者の無責任ぶりこそが世も末だと感じた次第ですが、もちろん、小生も嘆いているだけではありません。彼らの退場を静かに見送る一方で次世代の「真に人と家族と社会と国家と世界を考えることのできる」育成に向けて微力ながら奮闘しております。

■伊勢雅臣より

 マルクス主義が「科学的」共産主義を標榜したのは19世紀のことですね。マルクスから現代の後継者まで、科学とは何かがまるで分かっていません。


■途中でリタイアした人も含めれば、4、5万人はいたのでは(拓男さん)

 国葬の日、私も献花に出かけました。12時少し前に九段下駅に着き、ついでといっては申し訳ないが、久々に靖国神社にをお参りしてからと考えて境内に入ったら、同じように考えた人が少なくなかったようで拝殿前はかなりの行列。

 思いがけず時間を取って神社の脇門から献花場に向かおうをしたら、反対方向へ歩くように指示され、そこから延々の行列。千代田区の北半分の歩道のある道は皆使うという感じで、警官の整理のもと、行列は縦よこにクロスしたりしながら果てしもないという感じです。

 小一時間も行列の中を歩きましたが、後の予定もあってついに献花場の前を通る道の反対側歩道で遥拝をし、列の流れを追い越しながらどんどん歩きました。その列がまたどこまで行ってもゴール方向へ向かわず、結局三宅坂の交差点あたりで列の流れを離れましたが、半蔵門駅のあたりにさしかかると、迂回コースになっているらしい行列にまた出会いました。

 自分が行列の中にいて歩いた距離と行列の密度から考えて、献花者の列はたぶん4,5万人ほどにもなるのでは、と考えましたが、産経によれば献花者は2.6万弱となっていました。私のような途中リタイアもかなりいただろうと思います。

 献花者については、本日の文章にお書きのように老若男女偏りがない印象で、その数の多さから見てもメディアの偏向誘導を強く実感したことでした。行列は3人に二人くらいの割合で花束を持っており、会場に着いても花の置き場所がないのでは、と余計な心配をするほどでした。


■伊勢雅臣より

 こういう献花の体験記ももっと報道されるべきですね。



■リンク■

・JOG(1285) 黒化勢力に勝つ方法~ 北野幸伯『黒化する世界 -民主主義は生き残れるか-』を読む
 黒化勢力すなわち独裁国には、独裁主義からくる3つの弱点がある。それは自由民主主義の強い点でもある。
http://jog-memo.seesaa.net/article/491563160.html

・JOG(1281) 左翼ウィルスから国民を救う方法
 我が国の政治経済の停滞は、左翼ウィルスに感染した不幸な国民が多いから。
http://jog-memo.seesaa.net/article/490892916.html

・JOG(1181) 朝日新聞は罵倒、呪詛(じゅそ)、偏見から脱却できるか
 安倍政権への呪詛まみれの論説を載せながらも、「安倍政権を「評価する」が71% 朝日新聞世論調査」と報じたのは?
http://jog-memo.seesaa.net/article/202009article_1.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。


・産経新聞、R040927a「【安倍元首相国葬】菅義偉前首相「真のリーダーでした」 友人代表の追悼の辞全文」
https://www.sankei.com/article/20220927-ZOVLCFHSZNKDXNDGVFKVGKWYMA/?958786

・産経新聞、R040927b「豪印が示した厚い弔意 森浩」
https://www.sankei.com/article/20220927-YEDEF74ZIFLINH6EY6LN24SZ2U/?731017

・西村幸祐『日本人だけが知らなかった「安倍晋三」の真実』★★★、ワニブックスPLUS新書、R4
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4847062000/japanontheg01-22/


この記事へのコメント

  • 高山直彦

    新聞報道をはじめとするメディアの扱いがひどすぎる。なぜ、賛成・反対の実数を冷静に受け止めて報道しないのか。がっかりです。
    岸田首相には、安倍さんの意志を受け継いで、毅然とした対応を、諸外国に行って欲しい。そのことが、一番の恩返しになると思います。
    2022年10月02日 21:05