【YouTube版】ブラジル日系移民に学ぶ「日本のこころ」(上)


 異国の地で、たいへんな苦労を重ねて、ブラジル国に貢献し尊敬される地位を築いた日系移民は「国際派日本人」のお手本。


■1.ブラジル日系移民は「国際派日本人」のお手本

「日本移民は日本国がブラジル国に与えた最大の『プレゼント』です」とは、上皇上皇后両陛下がかつてブラジルを訪問された時に、当時のサンパウロ州知事、故マリオ・コーバス氏が、歓迎の挨拶で述べられた言葉だそうです。

 弊誌は今まで何度もブラジル日系移民が豊かな「日本のこころ」をもって、ブラジル国に多大な貢献をなしている様をご紹介してきました。日本の文化伝統を「根っこ」として国際社会に活躍できる人を弊誌では「国際派日本人」と呼んでいますが、ブラジル日系移民こそ、そのお手本なのです。

 日系ブラジル移民の人々は、大変な苦労を重ねて今日の尊敬される地位を築いてきたのですが、その足跡は今後の国際社会に生きる日本人に重要な示唆を与えてくれます。本号と次号では、その足跡を振り返ってみましょう。


【続きは本編でご覧ください】



【ブログ版】 http://jog-memo.seesaa.net/article/202110article_4.html

この記事へのコメント